洗剤の特徴|目的に合わせた化粧品を選ぶ|肌に優しい敏感肌化粧品の使用

目的に合わせた化粧品を選ぶ|肌に優しい敏感肌化粧品の使用

ウーマン

洗剤の特徴

石鹸

より特長があります

アトピーの場合、洗剤にも気を使う必要があります。普通の洗剤もしくは洗浄力の強い洗剤は界面活性剤が多く含まれており、加えて他の化学物質も多く含まれていることから避ける必要があります。そして、刺激物が少ない洗剤に代えていく必要があります。肌に優しい洗剤はいくつか売られていますが、その中でも肌に優しいだけでなく、仕上がりがふわふわになる、汚れがよく落ちる、第三者機関の認定を受けているといった肌に優しいだけではない特長を持っているものが人気を集めています。また、何よりその商品を使うことでアトピーの諸症状が減ったという声が多いものが人気商品となっています。つまり、改善効果があるかどうかが大きなポイントの一つとも言えます。

一般的にあまり落ちません

アトピーの場合、肌に優しい洗剤の使用になることから、どうしても界面活性剤がなくなったり、その量が減ることからそれに伴い汚れの落ちやすさも落ちてしまうことが考えられます。そのため、もし汚れることが多いのであればアトピー用の洗剤だけでは汚れを全て落としきることが難しいことも事実なので注意が必要です。勿論肌に優しく、汚れも落ちやすい商品もありますが、値段が高くなるのは避けられません。値段を気にするようであれば、一回軽く手洗いし、ある程度汚れを落としてから洗濯にかけると少しは汚れが落ちやすくなります。このように汚れのある衣類を扱う場合は、手洗いという手間を入れるか、高くても落ちやすい商品を選ぶか選択する必要があります。